みんな大好き、ペンギンさん

あんばらの技術資料まとめブログ

中華ST-LINKを使う~ST-LINK utility編~

f:id:anbalioh:20161229215603p:plain

↑Utilityの"l"が1個多いです.

はじめに

NucleoでしかSTM32を書き込んだことない人向けに,USBマスストレージのないST-LINKでのバイナリ書き込み方法を紹介します.

今回は中華ST-LINK & ST-LINK utilityを使います.

 

ST-LINK utilityの導入

ST-LINK utilityはST様から出ている書き込みソフトという認識でいいと思います.

デバッガ(OpenOCD)を使ったほうが便利なことが多いんですが,簡単なのでST-LINK utilityを使います.

(今度OpenOCD編書きたいです...)

 

ST-LINK utilityをダウンロードする

ここからST-LINK utilityをダウンロードします.

ST様の会員登録が必要になりますが,今後もSTM32を使っていく上で必須なのでためらうことはありません.

インストールする際にST-LINKのドライバも入ります.

 

起動する

こんな画面です.

f:id:anbalioh:20161229214853p:plain

続いて,使い方をご紹介します.

 

ST-LINK utilityの使い方

接続する

※物理的にパソコン⇔ST-LINK⇔STM32をつなぐのを忘れずに(笑)

ST-LINK utilityの接続ボタンを押すと現在のSTM32の中身が見れます.

ST-LINKとSTM32の生存確認に便利です.

f:id:anbalioh:20161229220504p:plain

 

切断する

これが切断ボタンになります.

f:id:anbalioh:20161229220759p:plain

 

接続設定を行う

地球スパナのロゴをクリックすると新規ウインドウが出てきます.

ここでJTAGに変更したり,SWDの速度を変えたりすることができます.

今回設定を変える必要はないです.

(RESETだけSoftwareにしたほうが便利になるかもしれません.)

f:id:anbalioh:20161229221038p:plain

f:id:anbalioh:20161229221052p:plain

 

プログラム書き込み

ノートみたいなアイコンを押すとバイナリ(.bin)の選択画面が出てきます.

選択後,書き込み画面が出てきます.

設定は変える必要はないので,Startを押して早速書き込みます.

f:id:anbalioh:20161229221355p:plain

f:id:anbalioh:20161229221453p:plain

書き込みが終わるとこんな画面になります.

f:id:anbalioh:20161229221548p:plain

この状態だとまだ接続状態なので,切断します.

f:id:anbalioh:20161229221630p:plain

 

その他の機能

http://www.st.com/content/ccc/resource/technical/document/user_manual/e6/10/d8/80/d6/1d/4a/f2/CD00262073.pdf/files/CD00262073.pdf/jcr:content/translations/en.CD00262073.pdf

公式文章です.このPDFにすべての機能が書かれています.

画像多めで読みやすいので,ぜひ読んで下さい.

この記事はほんの少しの機能しか紹介していません!!